ぷかぷかドイツ日記

ぷかぷかドイツ日記

2018年にドイツに移住したチンピラのぷかぷか日記です。

コロナやばいぜ from ドイツ

 正直コロナウイルスの騒ぎがここまで深刻になるとは思っていませんでした。ドイツでも感染者が一万人を超え、現在政府は国境封鎖の措置と共に、スーパー等の必要最小限の店以外全て営業禁止としています。会社からも原則オフィスへは出勤禁止と指示され、今週は完全に在宅ワークでした。今月はもともと台湾や日本に出張で行く予定で楽しみにしていたのに、もちろんそれも無くなりました。さらに会社から連絡が入り、近日中に全社員を時短勤務に変更し給料についてはドイツ政府に補填を求める申請を行うとのこと。主に部材調達の問題でまともにビジネスを行えない状況を考慮しての判断です。(うちの会社は多くの部材を中国から仕入れているのです。。)政府との交渉の結果によっては給料が減額される可能性があるらしい。やばいぜ!!

 でも今世の中にはもっと困っている人たちが大勢いるでしょうね。例えば旅行関連業種は完全にストップです。またイベント運営やそこで収入を得ていたフリーランスのアーティスト達。彼らもしばらくはほとんど失業状態でしょう。そして営業禁止になってるお店も収入が途絶えます。政府の援助も限界があるだろうし、小さなお店はつぶれてしまうんじゃないだろうか。

 また、欧州全体の傾向ですがドイツでも、コロナウイルスの震源となったアジアに対する恐れから、人種差別が問題になっています。自宅のシャッターに卵を投げつけられたり、在ドイツ日本人からも被害者が出ているようです。こういう事があると、自分が外国人であることを実感しますね。

 私自身ドイツに来てから、人種差別は何度か経験しました。道ですれ違う時に、宇宙人がいるぞ!と言わんばかりにオーバーリアクションで驚いた仕草をしてみせる奴とか、一番ひどかったのはルフトハンザ航空の機内で隣に座ったドイツ人の若者が小さな声で「くたばれ、中国人」と呟いたこと。あの時はあまりにも偏見と誤解に満ちたこの一言に対し、まずどこから腹を立てるべきなのか混乱してしまいました(笑)ひとつ言えることは、移民だらけのドイツにすらいわゆる"保守"がそこら辺に転がっているということです。(もちろん上記のような目に遭うのはまれなことで、95%以上の ドイツ人は差別的な態度をとったりはしません。)

 コロナウイルスに関連して差別にあったことはまだないけれど、先日久しぶりに会ったドイツ語レッスンの先生に握手を拒否された時は結構ショックでした。。私はまだこの時は油断していたので、握手を求めたのも軽率だったんですが。。本当に皆過敏になっています。

 日本と異なるのはこんな状況にもかかわらず町にマスクを着けている人がいないことです。(ここ数日はあまりにも騒ぎが大きくなってきたので、ごくわずかに毒ガス用みたいな大袈裟なマスクをつけてる人がいたりしますが。)欧州では体調が悪いときはSick Leaveとして外を出歩かないので、マスクをする習慣もそもそもないのです。今アジア人がうっかりマスクを着けて外を出歩くと、コロナウイルスに感染していると誤解を受け、(特に都市部では)危険な目に遭うかもしれません。

 スーパーに行ってもトイレットペーパーや保存のきく食材は棚から消えており(日本も同じみたいですね)、住民の危機意識の強さを感じます。今はとにかく早くこの状況から脱することを祈るばかりです。