ぷかぷかドイツ日記

ドイツに移住したチンピラのぷかぷか日記です。

ゲット・アウト(2017)

   f:id:Daturyoku_Pukapuka_32:20200711230635p:plain

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。

監督

ジョーダン・ピール

主演

ダニエル・カルーヤアリソン・ウィリアムズブラッドリー・ウィットフォード

ジャンル

ドラマホラー

 

 またホラー映画なんだけど、これも面白かった。ひとつ気になるのは上の広告画像。。これなんとかなりませんかね。せっかく良い映画なのに、これじゃふざけてると勘違いする人がいると思う(笑)

 幽霊が出て来たり、驚かす系のホラーではなく、主に人間の表情とか音楽で不気味な雰囲気を作り出していて、終始本当に怖かった。この映画のこと今まで知らなかったけど、(ホラーでは珍しく)アカデミー賞脚本賞を獲るほど注目を浴びた作品らしい。ジョーダン・ピールはもともとアメリカの人気コメディアンで、映画に関しては本作が監督デビューにあたるということだ。

 主人公はすぐに招かれた家の異常さに勘づくんだけど、訳が分からないことが起こるばかりで、そこにいる人々が何を企んでいるのか、(観ている側にも)ずっと分からないまま話が進む。そして中盤以降にあることをきっかけにそれまでのプロットが一気に線になって繋がる。一番ぞっとしたのは、主人公が信頼しきっているある人が実は裏切り者であることに気づくシーン。人間ってここまで残酷な脚本を生み出せるんだなぁって、もうほとんど感動のレベル(汗)

 全編を通して白人と黒人の対立がテーマになっていて、アメリカでのこの問題の根深さがリアルに伝わってくる。自身もアフリカ系であるジョーダン・ピールの経験や思いが少なからず反映されているのだろう。黒人に向かって「私はオバマ大統領を支持していてね。。」と滔々と語る"自称リベラル白人"がどんなにいやらしいものか、僕にも分かるような気がした。