ぷかぷかドイツ日記

ぷかぷかドイツ日記

2018年にドイツに移住したチンピラのぷかぷか日記です。

家探しの日々

 先日ようやく新居が決まった。強制退去を告げられた時は途方に暮れたけれど、結果的に新築のアパートと契約することができた。来月上旬に引っ越し予定。フランクフルト方面に引っ越すことも考えたけど良い物件が見つからず、結局今の家から2キロくらいのところになった(笑) でも今住んでいるエリアとは大分雰囲気が違って今度は緑の多い静かな住宅街なのでストレスなく暮らせると思う。何より新築というのはやっぱり嬉しい。今の家はちょっと古いし、換気扇も動かんしね(怒)
 今回フランクフルトにある日系不動産業者のサポートを受けたからなんとかなったけれど、自力で家を探すのは正直結構きついかもしれない。アパートのオーナーにコンタクトする際はドイツ語でメールを書かないと返事が来ないことも多いらしいし、家が決まっても契約書はもちろんドイツ語。日系不動産の場合は仲介料を払えば全てを代行してくれ、契約書の内容も日本語で説明してくれる。今回これを機に不動産業者に気になることをどんどん質問して、ドイツ生活のあれこれを学ぶことができたのは収穫だったと思う。ついでに加入中の保険プランも見直したがやっぱり穴だらけだった。こういう小さな事が積もりに積もって、普段の生活の中で(無意識的に)大きな不安を感じていたのだ、とはっと気がついた。熟考の末、家財保険や自賠責保険にも入ることにした。ついこの前までそんな保険に入ることなんて思い付きすらもしなかったけれど。これからまた再スタートの気持ちで、きちんと生活をしたいと思う。
 先週の土曜日には久しぶりに日本人の友達とフランクフルトで飲み会をした。しばらくゴーストタウンのようになっていたフランクフルトも活気を取り戻し、飲食店は客で賑わっていた。てっきり3密を避けるためビアガーデンのような感じで外で飲むのだろうと思っていたら、ばっちり店の中だったのはびびった。店員がマスクをしていることと、席の間にシールドがあることを覗けば完全に日常が戻っていた。
 自粛期間は皆それぞれに大変だったようだ。駐在員達はコロナのせいで日本の本社への報告の頻度が上がり、普段より忙しかったらしい。一番かわいそうなのは奥さんを日本に残したまま国境が閉ざされてしまった若い新婚の駐在員。今年始めに入籍してからまだ10日も一緒に過ごしていないそうだその他にもテニスをして遊んでいるときにアキレス腱を切ってドイツで手術を受けたはいいが、術後何故か病室に看護師が現れず夜になるまで放置されたという奇妙な体験談もあった。でもまあ、なんやかんや言って僕の強制退去が一番ひどいけれど(笑)
 コロナワクチンが開発されたところで抗体反応が持続しない可能性はやっぱり否定できないみたいで、もしそうだったら世界は一体どうなるんだろう?? 若い人でも感染したら後遺症が残るという恐ろしい話もある。何が本当なのか分からない。近頃はドイツも少しずつ日が短くなってきた。あの長くて暗い(そして恐ろしく寒い)冬が近づいてきていると思うとなんだかぞっとしてしまう。