脱力系ぷかぷかドイツ日記

脱力系ぷかぷかドイツ日記

2018年8月にドイツ企業に就職・移住したカメラ好きエンジニアのぷかぷか日記です。

コロナワクチン1回目かましてきた

 今週の月曜に職場の秘書さんから電話があって「会社の産業医の方でワクチン接種予約とれそうだけど、打ちたい?」ということだったので打ちたいと伝えると、「オッケー、はい予約とれたよ。2日後ね」とのことでした。
 
 2日後!?はやっ!!!
 
 というわけで今日、若干ひびりながら産業医がいる病院に行ってきました。打ったのはファイザー・ビオンテック製です。
 ※超余談ですが僕の周りのドイツ人は皆”ビオンテックの”ワクチンという言い方をします。”ファイザーの”ワクチンという言い方は聞いたことがありません。やっぱりビオンテックはドイツ人の誇りなんでしょうかね。。(僕の周りだけなのかは分かりませんが) ドイツ人の気に障らないように僕もずっと”ビオンテック製”で通しています(笑)
 
 当たり前ですが単なる注射なので、すぐ終わりました。その後4時間ぐらい経ちましたが、針を刺したところが若干痛いだけで目立った副反応は出ていません。2回目の接種は6週間後とのこと。
 
 聞くところによるとどうも1回目より、2回目の方が副反応は大きいようですね。同僚の中には2回目の接種で高熱が出て一日中寝込んだ人もいます。僕は念のため次の接種日の翌日を有給にしとこうと思ってます。
 
 今日注射をしてくれたドイツ人の医者は、僕が日本人だと知ると「オリンピックは不可能だ」と言いました。そんなことは明らかだ、それでも中止しないのは金の問題なんだ、とのこと。確かに医療従事者からすると今回のオリンピック開催はクレイジーとしか思えないでしょうね。